未来のフィッシャーマンを育てる

TRITON SENGOKU

ABOUT

石巻駅から徒歩3分のところに、フィッシャーマン・ジャパンのオフィスがあります。
千石町という地名であることから「TRITON SENGOKU」と名付けました。
1階は「海の秘密基地」として、地元の漁師や漁師になりたい人、水産業に興味がある人が気軽に立ち寄れって情報収集ができるフリースペースとして開放しています。そしてここは、URBAN RESEARCH × FISHERMAN JAPANのコラボレーションショップとしても機能。オリジナルグッズを販売しており、今まで水産業に縁がなかった人でも気軽に立ち寄れる駅チカスポットになっています。

BACKGROUND

「海のことを知りたい」「漁業就業をしたいと思っても、なんだかよくわからない」
「仲間をつくりたいけど、誰とどうやって出会っていいかわからない」

せっかく水産業の道を志そうと思っても、よくわからない、不安なことだらけ……。

『未来のフィッシャーマンのための入口をつくり、そして仲間と語り合える場所をつくりたい』

クラウドファンディングを通しての私たちの呼びかけに、たくさんの共感と活動資金が集まり、2019年6月に事務所1階がフルリニューアル。
海と、人と、仕事と、リアルに繋がれる場所として、「TRITON SENGOKU」は生まれ変わりました。

RESULT

地元の漁師がふらっと遊びに来たり、就業したての若者が顔を見せにやってきたり、親子で相談に訪れる人もいます。店の中にある大きな日本地図には、全国各地からやって来た人のたくさんのピンが……北は北海道利尻島から、南は沖縄県の宮古島まで。
この場所から、水産業の未来を変える大きな出会いが生まれるかもしれません。

関連プロジェクト