水産業のしくみを変える

TRITONパートナー

ABOUT

「TRITONパートナー」は、多くの次世代漁師を育成してきた「TRITON PROJECT」がつくった、漁師にも水産加工会社にもメリットがある全く新しいパートナーシッププロジェクトです。若手漁師と水産加工会社、FJの三者が連携して商品開発・販路開拓を行い、稼げる水産業を目指します。このプロジェクトには次のようなメリットがあります。

①若手漁師は新たな販路を持つことができる。
②水産加工会社は、生産者と連携した商品開発と、FJによるPR/発信サポートを受けた販路強化ができる。
③漁師と水産加工会社が連携することで、地域一丸となって稼げる水産業の実現に取り組める。

BACKGROUND

これまでFJは「TRITON PROJECT」を立ち上げ、水産業の担い手育成に取り組んできました。当事業を通じて多くの漁師が誕生しましたが、若手漁師の収入は十分とは言えません。若手漁師は自分の力で、販路開拓をすることが難しい状況にあります。これでは、一つの販路に依存することとなり、売り手は販売価格をコントロールすることができず、収入増加は困難です。

一方で、水産加工会社も、魚食離れや新型コロナウイルスの影響などで、商品が売れないという窮地に立たされています。新型コロナウイルスの影響で、海外輸出が一時止まったことから、BtoCに挑戦するなど新たな販売戦略を模索していました。

上記のように、漁師も水産加工会社も水産業に課題を感じながらも、両者が連携しての課題解決はあまりなされてきませんでした。漁師は高く売ろうとする一方、水産加工会社は安く買おうとするという利益相反の関係にあったからです。しかし、海産物全体の消費が減少している状況においては、水産業全体での連携が必要不可欠となります。

このような状況を背景として、TRITONパートナーが誕生しました。

RESULT

TRITONパートナーの第一弾は、若手漁師の三浦大輝さんと水産加工会社の末永海産のコラボ商品です。

三浦さんは、FJの担い手育成事業「TRITON PROJECT」を通じて、2018年に大阪からやってきました。昨年には、宮城県漁協雄勝町雄勝湾支所の正組合員に認められ、地域にとってなくてはならない存在となっています。

そんな三浦さんと一緒になって地域の水産業を盛り上げたいという末永海産の思いから、今回のコラボが実現。三浦さんが育てた石巻市雄勝湾産の牡蠣のみを使用して、末永海産の人気商品「牡蠣の潮煮」を数量限定でつくりました。

WEB SITE

関連プロジェクト

ふぃっしゃーまん亭

仙台空港2Fに、三陸の牡蠣と海鮮丼を楽しめるお店『ふぃっしゃーまん亭』がオープンしました。 このお店、普通の飲食店でありません。 「流通革命」なんです。水産業の「生産・消費・ビジネス」を変えていく可能性があるんです。 その理由はこちら。 ①全国のサステナブル・シーフードが調達可能に CoC認証を取得した水産加工会社とOEM契約を結び、全国各地のサステナブル・シーフードを扱うことが可能になりました。特別加工されているため、空港店舗内ではほとんど人の手を加えずに料理を提供できます。 ②魚食文化やサステナブル・シーフードの発信 衰えゆく魚食文化、十分に普及しているとは言えないサステナブル・シーフード。ふぃっしゃーまん亭では、海鮮丼という消費者にとって身近な形で料理を提供し、三陸の海の幸、サステナブル・シーフードの魅力を積極的に発信していきます。 ③DXによる飲食ビジネスの変革 今後、AIツールを導入していく予定です。消費者や天気などのデータを取得、人・場所・天気にあったメニューを自動で作成します。また、キャッシュレスによる省人化などDXを推進し、人に頼らないオペレーションで全国展開を目指します。 これまで私たちは、水産業のしくみを変えるべく、仙台空港での輸出組合の立ち上げなどの取り組みを進めてきました。 今回の新店舗オープンは、その延長にあるプロジェクト。 仙台空港から、水産業のしくみを変える。そして新3Kへ。 仙台空港にお立ち寄りの際は、ぜひご利用ください。