水産業のしくみを変える

Lighthouse × FISHERMAN JAPAN

ABOUT

フィッシャーマン・ジャパンと株式会社ライトハウスは業務提携を開始し、宮城県石巻市での水産業のDXを促進します。ライトハウスの持つテクノロジーを活用することで、水産業の省人化や流通の変革を推し進め、石巻市における水産業全体の生産性を向上させます。またフィッシャーマン・ジャパンが石巻市を拠点として行ってきた水産業の担い手育成事業「TRITON PROJECT」を拡充、人事面での積極的なIT活用も図ります。

BACKGROUND

水産資源の減少、人材不足、魚食離れ。水産業が抱える課題は非常に複雑ですが、これらの課題を解決する上で注目されているのがIoTです。

IoT導入によって、効率的な漁獲や資源管理に必要なデータの取得、トレーサビリティの確保が容易になると考えられてきました。しかし、IoT活用は十分に進んでおらず、水産業のDX実現への道のりは未だ遠いのが実情です。

これまでフィッシャーマン・ジャパンは、宮城県石巻市を拠点として、新3K(=かっこよくて、稼げて、革新的)産業としての水産業の実現を目指してきました。漁師や漁協、水産加工会社と連携し、「三陸水産イノベーションプロジェクト」や「TRITON PROJECT」を実施、水産業の流通革命や人材不足解消に取り組んできました。

一方、ライトハウスは、漁船IoTベンチャーとして、漁師の目となる漁撈機器「ISANA」を開発。まき網・ひき網漁のコミュニュケーション不全を解消し、漁業の効率化を進めてきました。他にも、web施策を活用した人材採用サービス「WaaF」を立ち上げるなど、IoT活用による水産業の課題解決に取り組んできました。

RESULT

今回の業務提携では以下のことを行い、石巻市を中心に水産業全体の生産性を向上させます。

① 石巻市での水産業のDX
石巻市では、すでに「三陸水産イノベーションプロジェクト」や「TRITON PROJECT」を通じて、漁師や漁協、水産加工会社の連携が生じていました。ここに、ライトハウスの持つテクノロジーを導入することで、漁獲から加工・流通までを一気通貫してDX、水産業の省人化・流通革命を促進していきます。

②人材マッチング・就業後サポート事業の拡充とIT活用
両者の人材採用・育成事業を統合し、担い手育成事業「TRITON PROJECT」として一本化することで、水産業界では最大の人材マッチング・就業後サポート体制を確立します。web施策を強化することで、人事面でのIT活用を図るとともに、全国の求人を扱うことができるようになります。まずは人材不足を解決していくことで、水産業のDX促進の糸口をつくります。

フィッシャーマン・ジャパンとライトハウスの共同事業第一弾の舞台は石巻市。
これまで地域として水産業の課題解決に取り組んできた石巻市だからこそ、DXの先進地となる可能性に満ちています。

さらには、水産業のDXを石巻から全国へ。今後、水産業のDXに取り組んでいく地域を募集しています。

関連プロジェクト

ふぃっしゃーまん亭

仙台空港2Fに、三陸の牡蠣と海鮮丼を楽しめるお店『ふぃっしゃーまん亭』がオープンしました。 このお店、普通の飲食店でありません。 「流通革命」なんです。水産業の「生産・消費・ビジネス」を変えていく可能性があるんです。 その理由はこちら。 ①全国のサステナブル・シーフードが調達可能に CoC認証を取得した水産加工会社とOEM契約を結び、全国各地のサステナブル・シーフードを扱うことが可能になりました。特別加工されているため、空港店舗内ではほとんど人の手を加えずに料理を提供できます。 ②魚食文化やサステナブル・シーフードの発信 衰えゆく魚食文化、十分に普及しているとは言えないサステナブル・シーフード。ふぃっしゃーまん亭では、海鮮丼という消費者にとって身近な形で料理を提供し、三陸の海の幸、サステナブル・シーフードの魅力を積極的に発信していきます。 ③DXによる飲食ビジネスの変革 今後、AIツールを導入していく予定です。消費者や天気などのデータを取得、人・場所・天気にあったメニューを自動で作成します。また、キャッシュレスによる省人化などDXを推進し、人に頼らないオペレーションで全国展開を目指します。 これまで私たちは、水産業のしくみを変えるべく、仙台空港での輸出組合の立ち上げなどの取り組みを進めてきました。 今回の新店舗オープンは、その延長にあるプロジェクト。 仙台空港から、水産業のしくみを変える。そして新3Kへ。 仙台空港にお立ち寄りの際は、ぜひご利用ください。