これからの水産業を持続可能にする

絵本「さかなが いなくなっちゃうって!?」

ABOUT

『さかながいなくなっちゃうって!?』は、子どもと一緒に食卓に並ぶお魚について考える絵本です。

日本の海は今、史上最大のピンチ。世界中では健康志向で、魚介類を食べる人が増加しているのに、日本ではサンマやサケ、イカなどはどんどん不漁に。このままでは美味しい魚が食べられなくなるかもしれない緊急事態。

「具のないおにぎり」
「シャリだけがまわっているお寿司やさん」
そんな世界が近づいているかもしれません。

まずは絵本を通して大人から子どもまでたくさんの人に海や魚の現状を知ってもらいたい。
そんな思いから、魚屋が海のことを知れる絵本をプロデュースしました。

BACKGROUND

これまで、消費者はできるだけ安い食品を求め、小売りや流通業者は安く売るために大量に仕入れ、漁師はそれに応えるために獲れるだけ魚を獲ってきました。

魚がたくさん獲れると価格も安くなるので、お財布片手に料理を考える身としては助かります。

でも、待ってください。
漁師さんがとにかくたくさん獲ろう、スーパーが安く売ろう、消費者が安く買おうを求めた結果が、近い将来、「さかながいなくなっちゃうかも⁉︎」という今の状況です。

だから、もっと海のことを、魚のことを一緒に考えて欲しいと思います。そして魚や海のことがたくさん知りたくなったら、漁師さんのお話も聞いてみてください。きっと、もっと、魚が「おいしい‼︎」って思うこと間違いなしです。

RESULT

制作にあたりクラウドファンディングを実施し、約300名のパトロンから212万円の支援を受けました。
完成した絵本は石巻市だけでなく、日本全国の小学校・保育園・幼稚園などに絵本をお届けしました。さらにNPO団体による読み聞かせに取り上げられ、各所の食育にも活用されています。

絵本の制作メンバー

企画 一般社団法人 フィッシャーマン・ジャパン
監修 G1 海洋環境研究会
協力 株式会社 セブン&アイ・ホールディングス、株式会社 絵本ナビ
絵 セキ・ウサコ
執筆・編集・アートディレクション 株式会社 A-Create
印刷 図書印刷株式会社

関連プロジェクト