未来のフィッシャーマンを育てる

TRITON PROJECT

ABOUT

新世代のフィッシャーマンを増やし、未来に向かってこの国の水産業を変えていくプロジェクト。

新人漁師が暮らす6つの「TRTON BASE」
海の仕事を学ぶ「TRITON SCHOOL」
海を知り、海の仕事を探す「TRITON JOB」
そして、漁師と若者をつなぐ「TEAM TRITON」
海という名の宇宙で、まだ見えない星を目指す。
それは、みんなで未来をつくるということ。

海からはじまる新しい物語に、あなたも参加しませんか?

BACKGROUND

漁獲減少、魚離れ、漁業者の高齢化、後継者不足、漁村の過疎化。
かつて世界一と呼ばれた日本の水産業は、ピンチを迎えています。

日本の漁業は代々その家で受け継がれてきたため、
漁師たちは外から人を受け入れた経験がありませんでした。
一方で、若者たちにとっても海の仕事は未知の世界。
どこに入口があるのかわからないという声を多く聞きます。

2015年7月に誕生した「TRITON PROJECT」は、
新しい時代を担う若者と漁師をつなぐことを目的としたプロジェクトです。

若者を受け入れるための土台づくりにはじまり、求人発信、問い合わせ対応、マッチング、
就業後の住まいの提供やステップアップのための勉強会など、専任スタッフがトータルサポート。

行政、漁協、地域がひとつのチームとなり、未来のフィッシャーマンの育成に取り組むほか、
水産業の魅力を伝えるために、子供たちや学生に向けた漁業体験や課外授業なども行っています。

RESULT

TRITON PROJECTを通して漁業就業した若者は40名を超え、そのうちの2名が区画漁業権、1名が共同漁業権を取得。それぞれの地域で初めての事例となる新規参入の漁業権取得を成し遂げました。
石巻市との連携を皮切りに、事業は他地域にも広がりを見せています。

事業受託実績
2015年12月〜 石巻市水産業担い手センター事業を受託
2018年4月〜 北海道利尻島の漁師の魅力化・担い手育成事業を受託
2020年4月〜 気仙沼市沿岸漁業担い手対策事業を受託
2020年6月〜 宮城県新規漁業就業者定着支援業務を受託
2020年4月〜 静岡県西伊豆市担い手対策事業を受託

関連プロジェクト