水産業のしくみを変える

東アフリカ流通改善プロジェクト

ABOUT

次世代へとつづく水産業のかたちを提案するフィッシャーマン・ジャパン(宮城県石巻市)と、アフリカと日本の文化が交わるところから新たな価値と産業の創出を目指す COTS COTS LIMITED(ウガンダ共和国カンパラ市)は、タンザニア連合共和国及びウガンダ共和国において、海産物のバリューチェーン構築に向けた調査・実証事業をスタートします。日本政府と共に、タンザニア政府が掲げる「ブルーエコノミー」を後押しし、ともに豊かな海の恵みを享受できる未来を目指します。

BACKGROUND

タンザニアは、東アフリカ沿岸諸国の中でも最大規模の約 20 万 km2 に及ぶ EEZ を有し、海洋漁業のポテンシャルが非常に高い国のひとつです。しかしながら 1998 年の IMF による経済改革の一環で同国の漁業公社が解体され、以降 20 年にわたり海洋漁業は停滞状態に陥っていました。その後、マグフリ前大統領の旗振りの下、2018 年に同公社が復活。タンザニアの恵まれた海洋、河川、湖沼及びその自然資源を活用
するいわゆる「ブルーエコノミー」を促進していく方針を掲げています。
 しかしながら、現状としてはバリューチェーンの不備により本来良質なタンパク源となりうる海産物が国内ですらうまく流通できておらず、一部の高級レストランでは高い輸送コストをかけて遥かヨーロッパから調達している実態があります。

RESULT

フィッシャーマン・ジャパン及び COTS COTS LIMITED は、日本政府の後押しを受け、それぞれが有する日本の水産物流通の知見や、飲食事業を通じたその高付加価値化のノウハウを持ち寄り、両国における海産物バリューチェーンの構築に向けた調査・実証を行い、同国水産業の発展及び、ともに豊かな海の恵みを享受できる未来を目指し、「東アフリカにおける海産物バリューチェーンの構築に向けた調査・実証事業」 に取り組みます。

1.事業名 :アフリカ等の企業コンソーシアムによるフードバリューチェーン構築実証事業

2.実施国 :タンザニア連合共和国(地図中青色箇所)及びウガンダ共和国

3.実施者 :東アフリカ海産物バリューチェーン構築実証コンソーシアム
(株式会社フィッシャーマン・ジャパン・マーケティング、COTS COTS LIMITED、
及び COTS COTS LIMITED の日本法人である合同会社こつこつによる共同事業体)

4.事業概要 :タンザニア~ウガンダ間における水産物のコールドチェーン構築に関する調査・実証
1) 漁獲、漁獲後の処理の課題解決に向けた調査、指導等
2) 加工・保管の課題解決に向けた調査等
3) 物流・流通の課題解決に向けた調査、実証輸送等
4) 消費の課題解決に向けたタンザニア及びウガンダにおける調査、実証等

尚、本事業は、農林水産省が推進する、「令和 3 年度アフリカ等の企業コンソーシアムによるフードバリューチェーン構築実証事業」の一環として取り組むものです。

関連プロジェクト

ふぃっしゃーまん亭

仙台空港2Fに、三陸の牡蠣と海鮮丼を楽しめるお店『ふぃっしゃーまん亭』がオープンしました。 このお店、普通の飲食店でありません。 「流通革命」なんです。水産業の「生産・消費・ビジネス」を変えていく可能性があるんです。 その理由はこちら。 ①全国のサステナブル・シーフードが調達可能に CoC認証を取得した水産加工会社とOEM契約を結び、全国各地のサステナブル・シーフードを扱うことが可能になりました。特別加工されているため、空港店舗内ではほとんど人の手を加えずに料理を提供できます。 ②魚食文化やサステナブル・シーフードの発信 衰えゆく魚食文化、十分に普及しているとは言えないサステナブル・シーフード。ふぃっしゃーまん亭では、海鮮丼という消費者にとって身近な形で料理を提供し、三陸の海の幸、サステナブル・シーフードの魅力を積極的に発信していきます。 ③DXによる飲食ビジネスの変革 今後、AIツールを導入していく予定です。消費者や天気などのデータを取得、人・場所・天気にあったメニューを自動で作成します。また、キャッシュレスによる省人化などDXを推進し、人に頼らないオペレーションで全国展開を目指します。 これまで私たちは、水産業のしくみを変えるべく、仙台空港での輸出組合の立ち上げなどの取り組みを進めてきました。 今回の新店舗オープンは、その延長にあるプロジェクト。 仙台空港から、水産業のしくみを変える。そして新3Kへ。 仙台空港にお立ち寄りの際は、ぜひご利用ください。