水産業のしくみを変える

東北・食文化輸出推進事業協同組合

ABOUT

「東北の誰もが世界にアクセスできるインフラをつくりたい」

東北・食文化輸出推進事業協同組合は、水産業のみならず東北の食に携わる中小企業が集い、海外販路の拡大を目的に活動する事業協同組合です。同組合の立上げメンバーでもあるフィッシャーマン・ジャパンは、設立時に専務理事として参画。その後、海外経験豊富なメンバーが見込まれ、2018年より事務局機能を担っています。

2017年に宮城、岩手、山形から15社でスタートしたこの活動は、今では福島、青森、さらには新潟の企業も参画。水産、農産、畜産、菓子類や酒類など、30社を超えました。ゼロから開拓を始めた海外販路も、アジア、中東、北米、オセアニアなど、10ヶ国との取引に発展。さらには東北経済産業局、東北農政局、ジェトロ仙台、複数の自治体などが、連携支援機関として続々と名を連ねています。

東北には世界に誇れる多種多様な食材、食文化があります。企業連携で海外にチャレンジし販路を拓くことで、その発展を東北の活力とし、持続可能な産地としていくことを目指します。

BACKGROUND

地方の中小企業にとって、新規に海外販路を構築してゆくことは容易いことではありません。顧客候補との商談までこぎ着けても、その後の見積りや物流手配、決済を含めた貿易実務など、小さなハードルが積み重なり、海外輸出の実現を阻んでいます。

東北・食文化輸出推進事業協同組合は、2016年に民営化した仙台国際空港の後押しを受け、2017年に設立。法人格を有することで、東北の地域商社として、上記した各種貿易実務や、顧客との窓口業務を担います。

また、専任の事務局を置くことで、個別の商品提案に留まらない、多種多様な要望や連携への取組みが可能となります。

RESULT

2017年に設立以降、組合員数、連携支援機関数を年々増やし、活動を拡大しています。
2017年 設立
タイ・バンコク市内に臨時の東北アンテナショップを設置・運営
2018年 経済産業省が選ぶ、JAPANブランド育成支援事業に認定
2019年 タイ・バンコク市内で豊田通商タイランドと共同で「TOHOKU FOOD EXPO 2019」を開催
東北が世界に誇る飲料とグラスと食のマッチング「TOHOKU テロワール」プロジェクトを立上げ
2020年 タイ・バンコク市内で豊田通商タイランドと共同で「TOHOKU FOOD EXPO 2020」を開催
食材がJAL国内線ファーストクラスの機内食に採用
2021年 輸出に取り組む優良事業者 東北農政局長賞を受賞

関連プロジェクト

ふぃっしゃーまん亭

仙台空港2Fに、三陸の牡蠣と海鮮丼を楽しめるお店『ふぃっしゃーまん亭』がオープンしました。 このお店、普通の飲食店でありません。 「流通革命」なんです。水産業の「生産・消費・ビジネス」を変えていく可能性があるんです。 その理由はこちら。 ①全国のサステナブル・シーフードが調達可能に CoC認証を取得した水産加工会社とOEM契約を結び、全国各地のサステナブル・シーフードを扱うことが可能になりました。特別加工されているため、空港店舗内ではほとんど人の手を加えずに料理を提供できます。 ②魚食文化やサステナブル・シーフードの発信 衰えゆく魚食文化、十分に普及しているとは言えないサステナブル・シーフード。ふぃっしゃーまん亭では、海鮮丼という消費者にとって身近な形で料理を提供し、三陸の海の幸、サステナブル・シーフードの魅力を積極的に発信していきます。 ③DXによる飲食ビジネスの変革 今後、AIツールを導入していく予定です。消費者や天気などのデータを取得、人・場所・天気にあったメニューを自動で作成します。また、キャッシュレスによる省人化などDXを推進し、人に頼らないオペレーションで全国展開を目指します。 これまで私たちは、水産業のしくみを変えるべく、仙台空港での輸出組合の立ち上げなどの取り組みを進めてきました。 今回の新店舗オープンは、その延長にあるプロジェクト。 仙台空港から、水産業のしくみを変える。そして新3Kへ。 仙台空港にお立ち寄りの際は、ぜひご利用ください。